Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトクリエイト、不正接続防止アプライアンスの最新版 - 大規模ユーザーへ柔軟に対応

ソフトクリエイトは、持ち込みPCの不正接続を防止するアプライアンス「L2Blocker Ver.2.6」の販売を開始した。

同製品は、ネットワーク上の機器をリストアップし、不正な接続を防止するアプライアンス。ハードディスクレス、ファンレス構造でコンパクトな筐体を採用している。

最新版では、管理用画面を用意すること柔軟なアクセスコントロールを実現。グループ化したセグメントごとに管理者を配置したり、グループにおける接続機器の設定などを行える。

(Security NEXT - 2006/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断