Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「P-Pointer」や「VPNWarp」、組織変更でKLabの取り扱いに

KLabは、組織変更に伴い、同社子会社であるKLabセキュリティの事業を、KLabへ継承すると発表した。

今回の事業展開は、合理化を目的とした組織変更で、KLabセキュリティは解散となり、親会社であるKLabのソリューション事業部が業務を継続する。

個人情報検出ツール「P-Pointer」やVPNソリューション「VPNWarp」をはじめとするユーザーに対しては、今後KLabが、従来と同様にサービスを提供する。

(Security NEXT - 2006/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
「ManageEngine Application Manager」に深刻なRCE脆弱性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
29日時点の「ドコモ口座」被害申告状況を発表 - NTTドコモ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討