Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

化粧品コーナーで顧客情報入りメモリカードを紛失 - 高島屋

高島屋は、京都店の1階化粧品コーナーにおいて、顧客情報が記録されたSDカードが所在不明となっていることが判明したと発表した。

所在が不明となっているSDカードには、2002年6月1日から2004年11月30日の間、同店1階「マックス ファクター化粧品コーナー」を利用した顧客の氏名、住所、電話番号、購入履歴などが記録されていた。

同社では、カード内のデータにはパスワードを設定していたという。また、カード内に情報が含まれていた可能性のある全顧客に対し、説明と謝罪をしている。

(Security NEXT - 2006/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
イベント申込フォームで設定不備、個人情報が閲覧可能に - 多摩SDC
2024年2Qの「JVN iPedia」登録は1463件 - NVDの公開遅延が影響
JPCERT/CCが感謝状 - 脆弱性悪用対応の「重要な模範事例」
WPプラグイン「WooCommerce Social Login」に複数の脆弱性
「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ
「サポート詐欺」の相談が3割増 - 過去最多を更新
省庁や独法などの攻撃対象領域保護を実施 - NISC
冊子発送先の個人情報を郵便局へ誤送付 - CCNC