Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールトラフィック削減を実現するISP向けメールソリューション - シマンテック

シマンテックは、不要なメールの量を減らす「トラフィックシェイピング機能」と「スパム検知機能」を組み合わせた、ISP向けメールセキュリティソリューション「Symantec Mail Security 8100 Series and Symantec Brightmail AntiSpam for ISP」を発表した。

同製品は、大量のメールを処理するISPをターゲットとしたメールセキュリティソリューション。メール自体の総量を減らすトラフィックシェイピング機能を備えた「Symantec Mail Security 8100 シリーズ」と、スパム対策ソフト「Symantec Brightmail AntiSpam 6.0」を組み合わせた。

スパム対策フィルタは約10分ごとに自動更新を実施し、新しい脅威にリアルタイムで対応する。また、日本語を含む11の言語に対応可能。

(Security NEXT - 2006/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響