Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、日本版SOX法対応に向けた内部統制支援サービスを提供

NTTコミュニケーションズは、日本版SOX法対応に向けたコンサルティングサービスやシステム構築などを提供する「内部統制改善支援サービス」の提供を開始した。

同サービスは、日本版SOX法への対応で必要となる内部統制の実現をトータルで支援するもの。コンサルティングサービスや文書化支援ツールなどの各種ツール、およびセキュリティ対策や監視サービスなどを提供する。

コンサルティングサービスの提供にあたっては、米SOX法対応サービスを手がけた米Control Solutions Internationalと連携して提供。文書化支援では、数十社への提供実績を持つ三井情報開発との連携により、週1回程度の後方支援コンサルから全面的な文書化まで、幅広いサービスを実現した。

(Security NEXT - 2006/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
入札情報の公開データに個人情報、のべ1.6万人分 - 新潟県
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「ドコモ口座」不正引出、2019年10月より120件 - 試行回数多くなくピンポイントに連携
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
メルマガで送信ミス、登録者のメアド流出 - 三好市