Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

診療情報4件がインターネット上に流出 - 札幌医科大

札幌医科大学は、学生の私用パソコンから4名分の患者情報が流出したと発表した。

同大学に通う学生のパソコンからP2Pソフト経由で情報流出したもの。流出したのは、4名分の診療情報で、学生がレポート作成のためにメモした情報だったという。3名分については氏名が記載されていたが、1名分はイニシャルだった。

同大学では、今回の事件を受け、医学部学生の私用パソコンにファイル交換ソフトがインストールされていないか点検などを実施するほか、情報セキュリティの講習会を実施するなど、個人情報保護の周知徹底を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2006/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
「最終警告」などと不安を煽る楽天カードのフィッシングに注意
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に