Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社内ネットワークを監視して情報漏洩を抑止 - プラネックス

プラネックスコミュニケーションズは、社内ネットワークを流れるあらゆるデータを監視して情報漏洩を抑止する「監視万能 for compliance」4種を発売する。

同製品は、社内ネットワークをチェックしてメールやメッセンジャー、HTTP、FTP、telnetなどの通信を監視し、ログを取得する製品。ネットワークへ接続するだけで設置できる。

設定や運用管理はブラウザ上から行えるため、専門のネットワーク管理者のいない企業なども利用できる。モニタリング数により4機種を用意。50程度の中小規模から1000程度の大規模ネットワークまで幅広く対応する。

また、同社では、同製品の発売にあたり、2007年3月末まで購入すると、1年間のオンサイト保守がサービスとなる「日本版SOX法導入キャンペーン」を実施する。

(Security NEXT - 2006/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
2021年3Qの「JVN iPedia」登録数は3202件 - 3期連続で増加
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
検査の動画データなど含むバックアップ用HDDが所在不明 - 半田病院
2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増