Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京社会保険事務局、被保険者の個人情報約4000件を紛失

東京社会保険事務局は、新宿および神田社会保険事務所において、被保険者に関する個人情報が記録されたフロッピーディスクと年金手帳の紛失が判明したと発表した。

所在が不明となっているのは、管内の事業所から提出された「健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額算定基礎届」などが収録されたフロッピーディスクで、4708件の情報が含まれていた。また、年金手帳も紛失しており、いずれも誤って廃棄した可能性が高いと結論づけている。

該当する事業所に対し説明と謝罪をしたうえで、予備のフロッピーディスクで処理を行った。また、紛失した年金手帳の所有者に対しては、謝罪をして基礎年金番号を変更したという。

さらに港社会保険事務所では、「健康保険・厚生年金保険被保険者標準報酬決定通知書」を別事業所に誤送付していたことが判明。書類はすでに回収済みだという。

(Security NEXT - 2006/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本