Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先社員のPCから業務情報がWinny流出 - エグゼコミュニケーションズ

エグゼコミュニケーションズは、委託会社社員の私用パソコンがウイルスに感染し、一部業務情報がネット上に流出したと発表した。

流出した情報には、開発会社の議事録などで、同社が開発の一部を委託している情報管理システムSecure[DB]に関する情報が含まれるが、開発上の機密情報などは含まれていなかったという。

また、同サービスの運営そのものは委託しておらず、契約者などの個人情報や技術情報は流出していない。不正アクセスなどが発生する可能性も低いとしている。

同社では、今回の事件を受け、委託先や社員に対しても個人情報の取り扱いを徹底するよう指示した。

(Security NEXT - 2006/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IvantiのMDM製品にSQLiなど複数脆弱性 - アップデートがリリース
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
実践的サイバー防御演習「CYDER」の開催日程が発表 - 受付も開始
Veeamのバックアップ管理ツールに深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
4月のアップデートでのべ37件の脆弱性に対応 - Atlassian
「VMware ESXi」など複数製品に脆弱性 - 最新版に更新を
「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する6件の修正を実施