Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報1件記載の文書を第三者へFAX誤送信 - 長崎県信用保証協会

長崎県信用保証協会は、8月11日に顧客情報が記載された文書1通を、誤って第三者宅へファックス送信したことを明らかにした。

誤送信されたのは「利用実績に関する照会文書」1通で、顧客企業名、所在地、保証利用額、および保証人の氏名、生年月日などが記載されていた。同協会では、判明後に誤送信先へ文書が破棄されていることを確認し、さらに誤送信の対象となった顧客を直接訪問し、謝罪と事情を説明したという。

同協会では、ファックス番号の手動入力禁止や複数人による番号確認など、誤送信防止に向けた対策の周知徹底を図って再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を