Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で顧客情報240件を流出 - 住友林業子会社

住友林業は、6月20日に子会社のスミリン建設が、顧客情報240件が記載された顧客管理データをメール送信した際、宛先を誤って送ったことを明らかにした。

誤送信したのは、着工予定29件、工事中162件、および引渡し済み49件の、計240件の顧客管理データ。顧客の氏名、建築地住所、商品内容、工程管理表などが記載されていた。同社および関係会社では、無許可で大量の顧客データを送信することは禁止されていたという。

同社では、該当する顧客に対し個別に連絡して報告と謝罪をしている。今後は、個人情報の取り扱いに関する指導を強化して、再発防止に向けた業務改善を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合