Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

埼玉県から受託した自動車税納付書をサンプル利用で紛失 - 野村総研

野村総合研究所は、埼玉県から受託した自動車税収納代行業務で取り扱った納税者5名の個人情報が記載された納付書を紛失した。

所在が不明となっている納付書には、納税者5名分の氏名、住所、自動車登録番号、税額、延滞金などが記載されていた。

同社では、車の所有者がコンビニエンスストアで納めた自動車税の収納データおよび収納金を、埼玉県に送付する業務を受託しており、今回バーコード読み取りテストを実施するため、同県より受領した自動車税納付書をサンプルとしてコンビニ各社へ郵送したところ、うち1社から未着になったという。

日本郵政公社に「郵便物事故申告」を提出したが、発見されなかった。該当する納税者へは、業務委託している県が事実説明をして謝罪した。同社では、サンプルとなる納付書に関して氏名の塗りつぶしや見本印を押すなど、取り扱いを見直して再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2006/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
中学校生徒の個人情報含む修学旅行のしおりを紛失 - 仙台市
子育て支援センターの登録者カードが所在不明 - 新潟市
案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
「Dropbox Sign」の侵害、登録セキスペ向け演習の受講者にも影響
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性