Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西日本徳島支店、FAX誤送信で顧客情報を流出

NTT西日本は、徳島支店で他の通信事業者に対し回線の切り替え工事完了の連絡をファックス送信した際、関係ない書類が混入し、顧客98名分の個人情報が流出したと発表した。

同社によれば、誤って送付した書類には、2005年12月7日から2006年4月12日の間に工事が完了した顧客98名の氏名および電話番号など個人情報が含まれていたという。

同社では、該当する顧客に対し謝罪の書面を送付する。さらに流出先の事業者に対しても謝罪し、誤送信した顧客情報の返却を依頼しているという。

(Security NEXT - 2006/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県
「sudo」に脆弱性「Baron Samedit」が判明 - root権限奪われるおそれ
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
就職氷河期世代のeスポーツ愛好家向けにセキュ人材研修 - 群馬県
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
「Firefox 85」がリリース - 脆弱性13件に対応
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
バックアップデータに外部アクセス、設定ミスで - 三井住友建設
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意