Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西日本徳島支店、FAX誤送信で顧客情報を流出

NTT西日本は、徳島支店で他の通信事業者に対し回線の切り替え工事完了の連絡をファックス送信した際、関係ない書類が混入し、顧客98名分の個人情報が流出したと発表した。

同社によれば、誤って送付した書類には、2005年12月7日から2006年4月12日の間に工事が完了した顧客98名の氏名および電話番号など個人情報が含まれていたという。

同社では、該当する顧客に対し謝罪の書面を送付する。さらに流出先の事業者に対しても謝罪し、誤送信した顧客情報の返却を依頼しているという。

(Security NEXT - 2006/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正