Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務委託先で車上荒らしの被害、顧客情報持ち去られる - NTT東

NTT東日本の業務委託先で車上荒らしの被害が発生し、顧客情報222件を含む書類を盗まれたことがわかった。

同社埼玉支店の業務委託先であるリクルートスタフィングの車が車上荒らしにあったもの。窓を破壊され、法人、個人合わせて222件の顧客情報が記載された書類を持ち去られた。含まれる情報は、マンションの住所や物件名、戸数、オーナー名、管理会社や担当者に関する情報など。

同社では警察へ被害届を提出。関連する顧客へ個別に事情を説明、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2006/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明