Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中央三井信託銀行、ICカード導入などセキュリティ強化策

中央三井信託銀行は、ICチップを搭載したキャッシュカードおよびローンカードの取り扱いを開始した。

今回の導入はセキュリティ対策の一環。同行が提供するATMご利用限度額設定サービスでは、ICカードと磁気カードの1日の利用限度額を別々に設定できるため、磁気ストライプカードの限度額を0円にすることで、実質上ICカードのみの取引に限定することもできる。

また、同行では磁気キャッシュカードの1日あたりのATMご利用限度額を引き下げたほか、不審な取引を検知するモニタリングシステムを導入するとしている。

(Security NEXT - 2006/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
セキュリティコミュニティ形成のプラクティス集を公開 - 経産省
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市