Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、企業内のセキュリティ状況を調べるベンチマークサービス

情報処理推進機構(IPA)は、企業のセキュリティ対策状況を把握できる「情報セキュリティ対策ベンチマークシステム」の機能を強化した。

同サービスでは、セキュリティ対策の取組状況について25項目、企業プロフィールについて15項目を回答すると、他者との相対的なセキュリティレベルの状況を確認できる。今回のバージョンアップでは、Winnyに対する取り組みなど関する設問も盛り込んだ。

同サービスは、2005年8月より展開されており、政府が公開した「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準」においても、外部委託先の評価などへ同サービスの利用が提案されている。

(Security NEXT - 2006/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追