Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士ゼロックス、顧客のメールアドレスが保存されたPCが盗難に

富士ゼロックスは、2月17日に社員が車上荒らしに遭い、顧客のメールアドレス1631件が保存されたパソコンが盗まれたと発表した。

盗まれたパソコンには、メールアドレス1631件を含む顧客情報が保存されていた。業務時間外、駐車していた車の窓ガラスが割られ、車内から鞄ごとパソコンを持ち去られたという。警察へ被害届を提出。監督官庁にも報告を行った。

同社では、ノートパソコンに対し、パスワードの設定やハードディスクロックの設定などのセキュリティ対策を実施していたとしている。同社では今回の事故を受け、社内教育や内部監査など、セキュリティ対策を強化するとしている。

(Security NEXT - 2006/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー