Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士ゼロックス、顧客のメールアドレスが保存されたPCが盗難に

富士ゼロックスは、2月17日に社員が車上荒らしに遭い、顧客のメールアドレス1631件が保存されたパソコンが盗まれたと発表した。

盗まれたパソコンには、メールアドレス1631件を含む顧客情報が保存されていた。業務時間外、駐車していた車の窓ガラスが割られ、車内から鞄ごとパソコンを持ち去られたという。警察へ被害届を提出。監督官庁にも報告を行った。

同社では、ノートパソコンに対し、パスワードの設定やハードディスクロックの設定などのセキュリティ対策を実施していたとしている。同社では今回の事故を受け、社内教育や内部監査など、セキュリティ対策を強化するとしている。

(Security NEXT - 2006/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
セキュリティコミュニティ形成のプラクティス集を公開 - 経産省
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市