Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

非常勤講師宅で学生情報入りパソコン盗まれる - 岐阜大学

岐阜大学は、工学部の非常勤講師が自宅で私用パソコンを盗まれ、学生の個人情報を紛失したと発表した。

2月15日から16日にかけて自宅において盗まれたもので、1999年から2004年にかけて担当した学生63名の氏名や学籍番号、成績などが含まれていた。

講師は警察へ被害届けを提出。大学では、該当する卒業生や在学生へ電話にて事情を説明。さらに文書にて原因や経過報告、改善策などを説明していくとしている。

(Security NEXT - 2006/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ