Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業間の安全なファイル交換を実現するサービス - KDDI

KDDIは、ネット上で安全にファイル交換を行える「KDDI セキュアシェア」の提供を、3月1日より開始する。

同サービスは、企業間での安全なファイル交換を実現するもの。米シムデスクテクノロジーズのセキュリティ・プラットフォーム技術を採用している。

企業の機密情報を社外へ送る際、KDDIデータセンター内にあるセキュアシェアプラットフォームのサーバにアクセスし、そこで受信先を指定して送信することで、安全にファイル交換が行える。

データは自動的に暗号化、利用者ごとに付与されたIDとパスワードで本人認証を行うため、データの盗み見や漏洩などを防ぐことができる。

価格は、導入時の工事費が1万500円。月額費用は利用ID数によって異なる。

(Security NEXT - 2006/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院