Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京スター銀行、顧客情報が記録されたマイクロフィルムを紛失

東京スター銀行は、大島支店で顧客情報607件が記録されたマイクロフィルム1枚の所在が不明だと発表した。

紛失が判明したのは、旧中部銀行大島支店における、2002年5月分の顧客情報607件が記録された「コムフィッシュ」と呼ばれるマイクロフィルム1枚。顧客のカナ氏名、口座番号、残高のほか、入出金明細といった取引情報などが含まれていた。

同行では、社外に持ち出した形跡がなく、誤って廃棄した可能性が高いとしている。同行では再発防止に向けて、顧客情報の管理体制を強化するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ