Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米McAfee、携帯端末向けセキュリティプラットフォームを発表

米McAfeeは、携帯端末用のセキュリティプラットフォーム「McAfee Mobile Security」を発表した。

同プラットフォームは、Windows MobileやSymbianOSを搭載した携帯端末に対応するもので、携帯端末のウイルス対策、ファイアウォール、コンテンツフィルタリング、スパム対策、スパイウェア対策機能を備えるという。

組込型やアフターマーケット向けの製品を用意し、個人や企業、携帯電話キャリア、メーカーなど幅広く対応する予定。同社によれば、PC向けソフトウェアをベースに開発されたもので、携帯電話キャリアと端末メーカーと協力しながら提供される見込み。

(Security NEXT - 2006/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応