Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三重県のケーブルテレビ、加入者情報がネット上に流出

三重県伊勢市でケーブルテレビ事業を展開しているアイティービーは、社員の私用パソコンがウイルスに感染し、最大1378名分の顧客情報が保存された業務用ファイルが、インターネット上に流出したと発表した。

同社によれば、流出したのは2001年7月から2005年12月までの、一部地域における加入者および工事に関する情報。最大1378名分の氏名、住所、電話番号などが含まれており、そのうち1名は口座情報も含まれていた。

同社では、該当する顧客に対し説明と謝罪をするとともに、私用パソコンにおける業務用データの扱い禁止など社内ルールの再徹底を指導して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応