Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住友林業HT、顧客情報入り携帯電話を紛失 - 遠隔操作で消去

住友林業ホームテックは、同社社員が営業用の携帯電話を紛失したと発表した。氏名や電話番号など8件の個人情報が記録されていたとしている。

2月5日に千葉営業所の営業担当者が通勤で利用する駅付近にて会社から貸与されている携帯電話を紛失したという。同社では、警察へ紛失届けを提出、さらに遠隔操作により携帯電話内の登録内容をすべて消去した。

同社では、すでに電話にて顧客へ連絡を取っており、今後は個別に訪問し、事情を説明した上で謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
就職氷河期世代のeスポーツ愛好家向けにセキュ人材研修 - 群馬県
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
「Firefox 85」がリリース - 脆弱性13件に対応
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県
バックアップデータに外部アクセス、設定ミスで - 三井住友建設
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大