Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TSUTAYA南海堺駅前店で買取申込書が所在不明に

TSUTAYA南海堺駅前店において、顧客情報が記載された中古ソフトの買取申込書が所在不明になっていることがわかった。

所在不明となっている書類は、中古DVDやゲームソフトなどを買い取る際に顧客が記入する「買取り申込書」で、同店を運営する関電不動産によれば、2003年8月分から2005年6月分までの書類を紛失したという。

同書類には、顧客の氏名、住所、電話番号、職業、および免許証や保険証、学生証などに基づく本人確認書番号などが記載されていた。現在調査を進めており、現時点で名前が特定できているのは361名としている。

中古商品の買い取り業務上、同申込書を調査する必要性が生じたため、本店から持ち出して店舗内事務室に置いていたが、その翌日、紛失に気が付いたという。

また、同社運営の今津久寿川店においても、160枚の買取申込書が所在不明になっている。同社では再発防止に向けて、従業員の再教育および顧客情報管理の徹底を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア