Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トーマツ、監査先銀行の受託顧客情報を盗まれる

トーマツは、2005年12月16日に同社社員がパソコンを鞄ごと置き引き被害に遭い、監査業務のために受託していた近畿大阪銀行および栃木銀行の顧客情報を紛失したと発表した。

被害に遭ったパソコンには、顧客番号、顧客氏名、借入残高などを含む近畿大阪銀行の顧客情報約2万3000件と、顧客番号、顧客氏名、融資残高などを含む栃木銀行の顧客情報約3万2000件が保存されていた。同社では被害届を提出して独自の調査を続けているが、パソコンは発見されていない。

同監査法人では、監査会社と協力しながら該当する関係者に対して個別に連絡し、事情を説明しているという。また、監査業務用として入手した顧客情報およびパソコンの管理についてさらに徹底して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害