Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中央三井信託銀行、顧客851名の個人情報が記載された社内資料を紛失

中央三井信託銀行は、立川支店において、顧客851名の個人情報が記載された資料の紛失が判明したと発表した。

所在不明となっているのは、2000年から2001年の間に取り引きが行われた投資信託に関する資料の一部。投資信託を購入する際の重要事項確認書や、投信募集、買入注文依頼書などで、顧客の氏名、住所、口座番号、届印などが含まれている。

同行では、外部へ持ち出された形跡がないとし、行内において誤廃棄された可能性が高いと結論付けている。該当する顧客へは個別に連絡するとともに、問い合わせ専用の窓口を設けて対応する。

(Security NEXT - 2006/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 94.0.4606.61」をリリース - 悪用コードが公開済み
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開