Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キャンペーン当選メールを送付ミス、メールアドレスが漏洩 - CS放送局

CS放送局を運営するアニマックスブロードキャスト・ジャパンは、11月16日にキャンペーン当選メールを視聴者へ送付する際、ミスにより他の送付者にメールアドレスが漏洩したと発表した。

同社放映番組の企画に関連するキャンペーンの応募を実施、12名に当選を知らせるメールを送付した際にCCを利用して送付したという。

同社では、メールを送付した顧客へ同日から翌日にかけて連絡し、事情を説明した上で謝罪した。また、他の顧客のメールアドレスが含まれるメールを削除するように依頼したという。

同社では、再発防止策として、メールにより連絡を取る際は、担当者によるダブルチェックを実施するなど、業務プロセスを見直すとしている。

(Security NEXT - 2005/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教員2人を懲戒処分、個人情報目的外利用とパワハラで - 早大
JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表
ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
Adobe、複数製品向けにアップデート - CVSS基本値「10」の脆弱性も
深層学習プラットフォーム「PaddlePaddle」に深刻な脆弱性
セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増