Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グリコ、DM誤印字で約4800件の個人情報が流出

江崎グリコは、顧客に郵送した通販ダイレクトメールの申込欄に、受取人とは別人の氏名、住所を誤って印字したことが判明したと発表した。

同社によれば、誤印字が発生したDMは大阪府、および富山県、福井県、石川県を含む北陸地域へ、11月9日に郵送されたもの。同DM内に設けられた申込欄には、顧客が記入する手間を省くため事前に氏名および住所が印字されていたが、誤ってDMの受取人とは別人の氏名と住所を印字して郵送したため、発生したもので、翌10日に、同DMが届いた顧客から指摘を受け、判明したという。

誤印字件数は約4800件で、送付した全体の37%にあたるとしている。同社では、該当する顧客に事実報告と謝罪をするとともに、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処