Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤配信によりアドレスなどを流出 - 大和ハウス

大和ハウスは、営業担当社員が操作ミスにより送信先の氏名やメールアドレスが表示される形で送付したと発表した。

誤送付により漏洩したのは、東北地域の顧客17件で、氏名やメールアドレスなど個人情報が記載されていた。同社では、営業所長と担当者が漏洩事故について事情を説明、謝罪したという。また、監督官庁である国土交通省へ報告したという。

(Security NEXT - 2005/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙
「Microsoft Edge」が脆弱性2件を修正 - Chrome修正で言及なかった脆弱性
VMwareの複数製品に脆弱性 - 深刻な脆弱性も
WordPress向け「不動産プラグイン」シリーズに脆弱性
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
「ビズアップ総研オンラインショップ」に不正アクセス - クレカ情報が流出
物件購入者の個人情報が流出、勧誘電話で判明 - アイディホーム
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
「PCI PIN Security」の準拠支援や審査サービス - NRIセキュア