Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客の納税書控え6万件を誤破棄か - 福岡銀

福岡銀行は、税金などの納付書控えについて保存状況を調査したところ、一部店舗において紛失が明らかになったと発表した。

同行によれば、10店舗において合計5万3995件が所在不明になっていることが明らかになった。書類には氏名や住所、所在地、納付金額などが記載されており、個人の顧客情報についても2万3824件が含まれていたという。

同行では、保存期間の錯誤により謝って破棄した可能性が高いとしている。また、紛失した書類は控えであり、税金の納付については影響ないとしている。

(Security NEXT - 2005/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開