Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UFJ銀行、社内調査で顧客情報紛失が判明

UFJ銀行は、顧客情報が記録されたコムフィッシュの紛失を発表した。

紛失したのは、顧客情報を管理するマイクロフィルム「コムフィッシュ」を紛失したもの。コムフィッシュには微細な文字で顧客情報が記載されており、専用機がないと閲覧できない。また、紛失したフィルムは複写したもので、元本は保存されているという。

コムフィッシュに記録されていたデータは、7万1000件の顧客情報で、顧客名、口座番号、預金残高が記録されていた。

同行によれば、不正に持ち出された形跡はなく、誤って破棄した可能性が高いと結論づけている。

同行と合併を控えている東京三菱銀行も同時に顧客情報の管理状況の調査を実施。約5万件の紛失を発表している。

(Security NEXT - 2005/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス