Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京三菱銀行、顧客情報を記録したフィルムを紛失

東京三菱銀行は、顧客情報が記録されたマイクロフィルム「コムフィッシュ」を紛失したと発表した。

管理方法を見直しを実施し、全店の保管状況を調査したところ、99店において資料の紛失が明らかになったという。個人情報の件数は約5万1000件で、顧客名、口座名、預金残高など記載されていた。同社では、今回の紛失につて誤廃棄の可能性が高いとしており、漏洩の危険は低いとしている。

同行では、派遣社員が顧客の預金を着服する事件が発生しており、8月26日に金融庁から業務改善命令を受けたばかり。

同行と合併を控えているUFJ銀行も同時に顧客情報の管理状況を調査し、約7万件の紛失が明らかになっている。

(Security NEXT - 2005/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を