Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で氏名やメールアドレスが流出 - 東京電力

東京電力は、同社の福島第一原子力発電所が電子力発電所における啓蒙活動の協力者へメールを送信する際、誤送信によりメールアドレスが流出したと発表した。

同社によれば、9月2日にメール送信をする際、他の送信者が氏名やメールアドレスを確認できる状態で送付してしまったという。送信先は16名で、受信者からの指摘により判明したという。

同社では、今回のメール誤送信について電話で個別に連絡して謝罪、削除の依頼をした。また、電話で取れなかった送付先には謝罪のメールを送信し、その後電話にて連絡を取ったという。

今後は、電子メールを送信する際には、同僚または上司が画面を見て確認するといった再発防止策を行うとしている。

(Security NEXT - 2005/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス