Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力、顧客情報記載の資料が車上荒らし被害に

中部電力は、8月17日に三重支店において、樹木伐採業務を委託しているニッタイの車両が車上荒らしに遭い、15名分の顧客情報が記載された資料を紛失したと発表した。

同社によれば、被害に遭ったのは配電線に接近する樹木および所有者を管理する「配電・通信関係樹木接近管理カード」12枚で、顧客15名分の氏名、住所、電話番号などが記載されていた。付近を捜索したが見つからなかったため、警察に被害届を提出したという。

同社では、該当する顧客に対し個別に訪問して事実説明と謝罪をするとともに、委託先および全従業員に対して、個人情報の適正管理と防犯対策を徹底して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットアンケートで回答一覧が閲覧可能に、設定ミスで - 大阪府立高
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性などを修正
高校説明会の申込者宛メールで誤送信 - 大阪府
研修会の参加募集でメール誤送信、建設業者のメアド流出 - 大阪市
KDDI、通信障害の返金案内を開始 - 便乗フィッシングに注意を
難病研究用データに個人情報、ファイルから削除し忘れ - 厚労省
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも