Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニー・マガジンズ、宅配便の宛名ラベル貼付ミスで顧客情報を流出

ソニー・マガジンズは、宅配便で商品を配送する際、宛名ラベルの貼付ミスにより、一部で他購入者の個人情報が流出する事故が発生したと発表した。

同社によれば、藤井フミヤさんのDVD「Story of EARTH TOWER」を購入者へ宅配便で届ける際、配送業務を委託している佐川急便の作業の中にトラブルがあり、宛名ラベルが二重に貼られた状態で配送されたという。その結果、一部の購入者に、ほかの購入者の氏名、住所、電話番号が見えてしまうという事態が発生した。

同社では、同商品の購入者全員に対し、文書およびメールで経緯説明を行うとともに、委託先の管理強化を含めた再発防止策などを、後日発表するとしている。

(Security NEXT - 2005/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ