Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キリンビール、医療関係者5757名分の個人情報を紛失

キリンビールは、8月4日に同社の医薬カンパニー中国四国支店においてパソコンの盗難が発生し、医師など医療関係者5757名の個人情報を流出したと発表した。

同社によれば、同支店の医薬情報担当者の営業車が車上荒らしに遭い、ノートパソコン1台が盗まれたという。同パソコンには、中国地区および四国地区を中心とした、医師などの医療関係者5757名の氏名、勤務先、メールアドレスといった個人情報が保存されていた。また、同社社員の氏名や携帯番号なども若干含まれていた。

ただちに被害届を提出したが、8月8日時点では発見されていない。同社では、該当する関係者に対して状況報告と謝罪をするとともに、個人情報保護の強化と社員教育の再徹底を行い、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバー防衛シンポ熱海2020」が開催 - チケット販売まもなく終了
委託先でランサム感染、市営住宅入居者情報が流出か - 旭川市
準備中だった「FileZen」のセキュリティアップデートがリリース
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
航空会社向け顧客管理システムに不正アクセス - JALやANAにも影響
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
「Exchange Server」への攻撃が拡大 - MSが侵害確認スクリプトを公開
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市