Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

休暇前にセキュリティ設定の再確認を - IPAが注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は、夏期の長期休暇に入る前に企業などが実施すべきセキュリティ対策を挙げて、注意を呼びかけている。

同機構では、休暇前にセキュリティの設定を確認するよう求めている。確認事項としては、使用しているOS、アプリケーションのバージョンアップと修正プログラムの適用、ウイルス定義ファイルのバージョンおよび更新頻度の設定、バックアップの実施、不測の事態が発生した時の緊急連絡体制などを挙げている。

また、休暇中にあらたな脆弱性情報や新種のウイルスが発見されている場合もあるので、休暇明けには、業務に入る前に修正パッチの適用およびウイルス定義ファイルの更新を行うとともに、持ち出していたパソコンなどのウイルスチェックも合わせて実施するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス