Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

休暇前にセキュリティ設定の再確認を - IPAが注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は、夏期の長期休暇に入る前に企業などが実施すべきセキュリティ対策を挙げて、注意を呼びかけている。

同機構では、休暇前にセキュリティの設定を確認するよう求めている。確認事項としては、使用しているOS、アプリケーションのバージョンアップと修正プログラムの適用、ウイルス定義ファイルのバージョンおよび更新頻度の設定、バックアップの実施、不測の事態が発生した時の緊急連絡体制などを挙げている。

また、休暇中にあらたな脆弱性情報や新種のウイルスが発見されている場合もあるので、休暇明けには、業務に入る前に修正パッチの適用およびウイルス定義ファイルの更新を行うとともに、持ち出していたパソコンなどのウイルスチェックも合わせて実施するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
Instagramに偽アカウント - キングジムが注意喚起
「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
クラウド顧客管理システムに設定不備、調査で判明 - ホーユー
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
メール誤送信、情報共有せず他課で再発 - 那覇市
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ