Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パソナ、メール配信ミスで登録者のメールアドレスが流出

パソナは、7月26日に登録スタッフ向けにメールを配信する際、操作ミスにより他登録者へメールアドレスがわかる状態で送付したと発表した。

同社支店である「パソナ・大阪」より登録スタッフ800名に対してメールを送信したが、その際、通常はBCCにて送るところを宛先として送付してしまったという。実際には利用されていないメールアドレスなどもあったため、実際は652名分のメールアドレスが流出したという。住所や氏名などは含まれていない。

同社では、メールを配信した登録スタッフに対して事実関係を説明して謝罪した。また、今後の対応についても報告しているという。

同社では、複数へ同時にメールを配信する場合、上席者による事前承認手続きを取るなど、社内規定の見直し、徹底を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2005/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

深層学習プラットフォーム「PaddlePaddle」に深刻な脆弱性
セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
スポーツ施設の工事委託先にサイバー攻撃 - 東京都
「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
フォーラムソフト「NodeBB」にアカウント乗っ取りが可能となる脆弱性
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集