Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5万2000名分の個人情報を紛失 - 関西アーバン銀行

関西アーバン銀行は、個人情報が記録されたコムフィッシュや資料の保管状況を調査したところ、約5万2000名分の個人情報を紛失していたことが判明したと発表した。

同行によれば、16店において紛失していた。約5万2000名のうち約2万7000名は持出手形の明細で光磁気ディスクに記録されていた。同行では専用のソフトがないと内容を見ることはできないとしている。

紛失した顧客情報には、氏名、住所、取引日、口座番号、入払振込明細、預金残高、口座開設日など個人情報が含まれていた。同行では、不正持出の可能性は低いと結論づけている。

同行では、該当する顧客に対し、事態報告を兼ねた謝罪状を送付する予定。

(Security NEXT - 2005/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
セキュリティコミュニティ形成のプラクティス集を公開 - 経産省
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市