Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5万2000名分の個人情報を紛失 - 関西アーバン銀行

関西アーバン銀行は、個人情報が記録されたコムフィッシュや資料の保管状況を調査したところ、約5万2000名分の個人情報を紛失していたことが判明したと発表した。

同行によれば、16店において紛失していた。約5万2000名のうち約2万7000名は持出手形の明細で光磁気ディスクに記録されていた。同行では専用のソフトがないと内容を見ることはできないとしている。

紛失した顧客情報には、氏名、住所、取引日、口座番号、入払振込明細、預金残高、口座開設日など個人情報が含まれていた。同行では、不正持出の可能性は低いと結論づけている。

同行では、該当する顧客に対し、事態報告を兼ねた謝罪状を送付する予定。

(Security NEXT - 2005/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック