Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利根川ダム統合管理事務所、メール誤配信により64件のアドレスを流出

利根川ダム統合管理事務所は、6月23日にメールマガジンを送信する際、誤って登録者のうち64名のメールアドレスが閲覧できる状態で配信したと発表した。

同事務所によれば、メールマガジン「利根川の流れ」第46号を送信の際、ほかの宛先が記載されない「BCC(ブラインドカーボンコピー)」で送信しなかったため、登録者のうち64名のメールアドレスが互いに閲覧できる状態のまま送られてしまったという。また、メールアドレス以外では8件の個人名、および3件の法人名が記載されていた。

同事務所では、誤配信の判明後、ただちに誤配信先全員に謝罪のメールを送信するとともに、誤配信メールの削除を依頼した。また、再発防止に徹底して取り組むとしている。

(Security NEXT - 2005/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令