Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JA館林市、7757件の顧客情報が保存されたPCが盗難に

館林市農業協同組合は、6月22日未明に、共済の契約相談業務を行っている職員の自宅から、7757件の顧客情報を保存したパソコンが盗まれたと発表した。

同組合によれば、盗難に遭ったパソコンには、住所、氏名、生年月日、電話番号、性別など、業務に使用する7757件分の顧客情報が保存されていた。口座番号やキャッシュカード、クレジットカード、共済契約などに関する情報は含まれていないという。

事件発生後、ただちに被害届を提出した。また、被害に遭った顧客に対しては、事件について直接通知するという。同組合では、携帯型パソコンの取り扱いについて、さらなる厳重管理を徹底して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、172件2776万円に
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」