Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JA館林市、7757件の顧客情報が保存されたPCが盗難に

館林市農業協同組合は、6月22日未明に、共済の契約相談業務を行っている職員の自宅から、7757件の顧客情報を保存したパソコンが盗まれたと発表した。

同組合によれば、盗難に遭ったパソコンには、住所、氏名、生年月日、電話番号、性別など、業務に使用する7757件分の顧客情報が保存されていた。口座番号やキャッシュカード、クレジットカード、共済契約などに関する情報は含まれていないという。

事件発生後、ただちに被害届を提出した。また、被害に遭った顧客に対しては、事件について直接通知するという。同組合では、携帯型パソコンの取り扱いについて、さらなる厳重管理を徹底して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も
「エポスカード」を装うフィッシング攻撃 - 利用確認装う手口