Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

松下、情報漏洩の抑止や証拠保全に利用できる監視システムを発売

松下電器産業は、企業や店舗向け監視映像長期バックアップシステムを6月20日より提供開始する。

同システムは、監視カメラや業務用ハードディスクレコーダ、テープストレージシステムを統合したもので、犯罪の抑止や証拠画像保存、複業務負担の軽減や人的ミスによる記録もれ防止などを実現する。

松下グループのIP統合ネットワークプラットフォーム「Sinapse-Net」で構築されているという。IP監視カメラ増設や入退室管理システムとの連携についても今秋以降に対応する予定予定。

(Security NEXT - 2005/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市