Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

松下、情報漏洩の抑止や証拠保全に利用できる監視システムを発売

松下電器産業は、企業や店舗向け監視映像長期バックアップシステムを6月20日より提供開始する。

同システムは、監視カメラや業務用ハードディスクレコーダ、テープストレージシステムを統合したもので、犯罪の抑止や証拠画像保存、複業務負担の軽減や人的ミスによる記録もれ防止などを実現する。

松下グループのIP統合ネットワークプラットフォーム「Sinapse-Net」で構築されているという。IP監視カメラ増設や入退室管理システムとの連携についても今秋以降に対応する予定予定。

(Security NEXT - 2005/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - つくば市
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - マルハニチロ
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、172件2776万円に
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース