Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中国電力、送信先登録ミスで誤送付が発生

中国電力は、個人情報が含まれた書類4件を誤送付したと発表した。

電柱敷地料の支払における振込口座の確認のため書類を郵送したが、第三者に送付されたことが顧客からの連絡により明らかになったという。氏名,住所,電話番号、取扱銀行名,口座番号が含まれていたという。送付先の誤登録や封入ミスが原因だという。

同社では、再発防止策として複数の職位によるチェックや複数担当者による再チェックを実施するとしている。

(Security NEXT - 2005/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃