Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファーストサーバ、証明書を顧客ごとに発行するサーバセキュア化サービス

ファーストサーバは、共有サーバサービスや専有サーバサービスの利用者にオプション「サーバセキュア化サービス」を5月17日より追加する。初期費用は2万6250円で、月額利用料は5250円。

同サービスは、メール、ウェブ、FTPの通信をすべて暗号化するサービス。TLS/SSL化に必要なサーバ証明書を顧客ごとに発行する。

専有サーバサービス「エンタープライズ・シリーズ」に提供していたサービスを拡大したもので、共有サーバサービス「ビジネス・シリーズ」「ギガント・シリーズ」と専有サーバサービス「ビギーガ・シリーズ」でも利用可能となった。

(Security NEXT - 2005/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
愛読者クラブの会員情報が流出の可能性 - 上毛新聞
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 11月3日に定例外アップデートを公開予定
国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区