Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RSAセキュリティ、ワンタイムパスワードを用いた認証強化プログラムを提供

RSAセキュリティは、オンラインサービス提供会社向けに、ワンタイムパスワードの「RSA SecurID」を提供する「オンライン会社向け認証強化プログラム」を発売した。

同プログラムは、金融機関やISP、情報提供サイト事業者などが、RSA SecurIDをユーザー向けセキュリティ強化オプションとして導入するためのもので、RSA SecurID表面のデザイン変更や、製品、保守一式のOEM販売が含まれている。

RSA SecurIDは、60秒に1回変化する6桁の数字と、個人の暗証番号の2要素を併用した認証を行うワンタイムパスワードで、従来のユーザーIDと固定パスワードによる認証に不安を感じているユーザーを、個人情報漏洩や詐欺などの脅威から保護する。

(Security NEXT - 2005/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース