Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企画屋、メールからのウイルス感染をサーバ上で防ぐシステムを発表

企画屋は、メールサーバ上で添付アプリケーションを事前にチェックし、情報漏洩につながるプログラム実行を抑止するシステムを開発した。同機能を搭載したメールサービス「K1Mail」を、2005年5月23日より提供開始の予定。

同システムは、メールサーバ上で添付アプリケーションをチェックし、実行ファイルを一時的に隔離して悪質なプログラムの実行を回避するもの。これにより、ウイルスベンダーが対応する前の最新ウイルスやスパイウェアなどによる、個人情報などの外部漏洩を事前に防止できるという。

サーバ上で実行ファイルが隔離されたというアラートを受けたユーザーは、ウェブにログインし、ファイル内の情報、またはファイルの危険性などを確認する。そうすることで、安易なファイル開封による情報漏洩を防ぐ。

(Security NEXT - 2005/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE