Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企画屋、メールからのウイルス感染をサーバ上で防ぐシステムを発表

企画屋は、メールサーバ上で添付アプリケーションを事前にチェックし、情報漏洩につながるプログラム実行を抑止するシステムを開発した。同機能を搭載したメールサービス「K1Mail」を、2005年5月23日より提供開始の予定。

同システムは、メールサーバ上で添付アプリケーションをチェックし、実行ファイルを一時的に隔離して悪質なプログラムの実行を回避するもの。これにより、ウイルスベンダーが対応する前の最新ウイルスやスパイウェアなどによる、個人情報などの外部漏洩を事前に防止できるという。

サーバ上で実行ファイルが隔離されたというアラートを受けたユーザーは、ウェブにログインし、ファイル内の情報、またはファイルの危険性などを確認する。そうすることで、安易なファイル開封による情報漏洩を防ぐ。

(Security NEXT - 2005/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県