Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インサイト、不正アクセス監視システムをバージョンアップ

インサイトテクノロジーは、不正アクセス検知機能を強化した情報漏洩監視システム「PISO 2」を発表した。

同製品は、個人情報が格納されているOracleデータベースのアクセスを監視し、アクセス履歴を記録するシステム。最新バージョンでは、監視コンソールのグラフや警告から不正アクセスを素早く検知できる。

また不正アクセス検知後の対応履歴を記録する機能や、監査査証となるアクセス履歴を高速に検索、抽出する機能など、さまざまな機能を強化した。

(Security NEXT - 2005/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県
「IaaS」や「PaaS」上の設定不備を診断するサービス
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
研究室外に置いた廃棄予定パソコン3台が所在不明に - 日工大
サーバがランサム被害、UTMの設定不備を突かれる - CRESS TECH
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
公式Xアカウントが乗っ取り被害 - メガネの愛眼
ランサム被害、本番環境への影響がないことを確認 - フュートレック
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性