Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住友生命、メール誤送信により学生の個人情報を流出

住友生命保険相互は、3月24日、メールの誤送信により、同社の総合職員採用にエントリーされている一部学生の個人情報を流出したと発表した。

同社によれば、総合職員採用にエントリーされた学生のうち、特定1大学のリスト303名分を誤って添付した状態で、同じリストに掲載されている学生56名にメール送信したという。流出した情報には、氏名、大学名、学部、生年月日、メールアドレス、住所、電話番号、面談状況などが含まれていた。

同社では、送信先の学生に謝罪し、誤送信されたメールの削除を依頼した。また残りの247名に対しても事情を説明し、お詫びしているという。同社では、メール送信についてルールの再徹底を図るとともに、送信時のチェック体制を強化するなどして、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
「ポケットカード」装うフィッシングに注意