Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールのなりすましを防ぐ電子証明書を提供 - 日本ベリサイン

日本ベリサインは、企業向けに、メールへの電子署名を行うための電子証明書「ベリサイン セキュアメールID」の提供を、2005年4月下旬より開始する。証明書の有効期間は2年間。

同サービスは、フィッシング詐欺の手段として使われている、企業を騙ったなりすましメールを防ぎ、企業が発信するメールの信頼性を向上させることを目的としている。企業が発信したメールが、正しくその企業から送信されたということを受信者が確認できるよう、メールに対して電子署名を行う。

IDの発行に際しては、認証局運用規定に則って、公的な書類の確認だけでなく、実際にその送信主体への確認を行ったうえで発行するため、実在しない企業名での発行は行えない。

(Security NEXT - 2005/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出