Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールのなりすましを防ぐ電子証明書を提供 - 日本ベリサイン

日本ベリサインは、企業向けに、メールへの電子署名を行うための電子証明書「ベリサイン セキュアメールID」の提供を、2005年4月下旬より開始する。証明書の有効期間は2年間。

同サービスは、フィッシング詐欺の手段として使われている、企業を騙ったなりすましメールを防ぎ、企業が発信するメールの信頼性を向上させることを目的としている。企業が発信したメールが、正しくその企業から送信されたということを受信者が確認できるよう、メールに対して電子署名を行う。

IDの発行に際しては、認証局運用規定に則って、公的な書類の確認だけでなく、実際にその送信主体への確認を行ったうえで発行するため、実在しない企業名での発行は行えない。

(Security NEXT - 2005/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市