Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、インターネット定点観測システムで地域別グラフを公開

JPCERT コーディネーションセンターは、インターネット定点観測システムの観測結果をまとめた公開グラフにおいて、アクセス元地域別グラフを追加した。

同システムは、インターネット上に設置した複数のセンサーから得られる情報を解析し、セキュリティ脆弱性情報などとともに総合的に評価したうえで、予防情報を提供するもの。インターネット全体のセキュリティ向上と保全のため、2003年11月5日より稼動を開始した。

これまではアクセス先ポート別グラフを公開してきたが、アクセス元地域別グラフがあらたに追加された。公開されるのは週間グラフ、月次グラフ、3カ月グラフの3種類。日本、中国、米国、韓国、台湾およびその他の地域が色分けして表示される。

(Security NEXT - 2005/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出